パパ活 条件の切り出し方

パパに愛される上手な条件の切り出し方

papako

papako

パパ候補の男性になかなか条件を上手く切り出すことが出来ません。

実際、条件を切り出した途端に連絡が途絶えたこともありました。

 

一体どうやったらいいのでしょうか?

 

ようやくパパ候補の男性と巡り会えて、ちゃんとパパ活を成立させるためには乗り越えないといけない壁があります。

 

それが、条件の交渉です。

 

今後、楽しくおつきあいを続けるためにはお互いに納得できる条件を決めることが大切になります。

 

ここでは、ただ条件を交渉するだけではなくて、パパに愛される上手な切り出し方について説明していきます。

 

条件を切り出すベストなタイミングとは

まず、一般の出会いアプリやマッチングサイトを使う場合には、純粋な出会いから大人の付き合いまで、他の目的の男性も多数いるわけです。

 

そんな相手に、「食事で1万円、月極で10万円」なんてメッセージを送っても連絡がなくなっても当然です。
いちいち落ち込む必要はありません。

 

ただし、パパ活目的ということを男性に知らせるためにいきなり条件の話をするのは得策とはいえません。
また、プロフィールや掲示板にパパ活という言葉を使うとID削除のペナルティもありえます。

 

その点、交際クラブやパパ活専用サイトのシュガーダディを通じての出会いならば、こちらが【パパ活】目的だということは既に男性側も承知しているわけなので手間はかかりません。

 

「私の夢を実現するために、経験豊富な年上の男性と出会いたい。相談に乗ってくれたり食事に連れて行ってもらえたら嬉しい。」

 

と伝えて連絡が取れた男性と何度かやり取りをして実際に会いましょう。
会うことになるまで、お金の話はしないことです。
絶対にです。

 

条件を切り出すベストなタイミングは、会うことになってから。

条件の交渉方法は

具体的に金額をこちらから提示するのはあまりおすすめしません。
たとえば、あなたが逆の立場ならどうでしょう?

 

あまり良くも知らない人に
「お茶なら0.5、お食事なら1」
とか提示をされたとして、承諾しますか?

 

普通はしませんよね。
でも、もしするなら、どういう相手なら承諾しますか?

 

そこを考えると良いと思います。

 

少しでもあなたにとって有利な条件にしたいと思っているなら、まずは、金額提示よりも、相手に徹底的に気に入られることです。
特に、年上の男性は優位に立ちたがるものです。

 

ですから、「この子は本当に可愛いな。自分を尊敬してくれている。なんとか応援してあげたいな。」と上手く懐に入り込むことが先決です。

 

そうなれば、あとはあなたがほんの少し甘え上手でいられれば、パパは思いのままになるでしょう。
よく「パパを育てる」いいますが、まずは、相手に気に入られることに全力を尽くしましょう。

 

とはいえ、相手にパパの素質がない場合は長居は禁物です。時間の無駄ですもんね。

 

相手にパパの素質があるかどうかを見分けるために、こういうメッセージをおくります。

 

「足代としてお気持ちを頂けたら嬉しいです。なんて、厚かましいですよね。」

 

このメッセージが通用しないなら、それは素質なしと判断して他をあたります。

 

ただし、これは、あまり早い段階で送ってはいけません。
メールのやり取りである程度仲良くなって、初めて会うという段階になってからというのがいちばん大事なポイントです。

金額の提示はしないで、まずは相手に気に入られるよう努力すること!

パパに愛される切り出し方の極意とは

条件を切り出すのって勇気が入りますよね。
しかも、切り出した途端に冷たくされたり、態度が変わったらイヤです。

 

とはいえ、恋人を探しているわけではないので、いくら相手がいい人でもお金を貰えなければ駄目ですよね。

 

では、どういう切り出し方をすると相手に引かれないばかりか、逆に愛されてしまうのでしょうか?
その極意を知りたくありませんか?

 

それは、

 

「欲しい金額を言わない」

 

ということです。

 

え、条件を交渉するのに金額を言わないなんてありえない!と思われたかもしれませんね。

 

ここが、パパ活の面白いところなんです。

 

ビジネスの世界ならば、金額提示をしないなんて考えられないでしょう。
なぜなら、金額は、他と比較する材料の1つだからです。

 

でも、パパ活はなるべく他と比較されないようにするのが成功の極意です。
もし、金額提示をこちらかしてしまうと、相手は値踏みをします。

 

その金額に見合うだろうか?と費用対効果を考えはじめてしまうんです。

 

そうなると、金額は相場に落ち着くことになります。

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、金額はパパに決めてもらうんです。
そうすると、

 

  • パパに可愛がられます。
  • パパはその金額であなたが満足しているのか常に不安になります。
  • 結果的に、相場以上のお小遣いを貰えることが多いです。

 

もし、パパにいくら欲しいの?と聞かれても「パパが決めて」と言ってみてください。
そして、例えば、それが3千円だったとしても「えっいいんですか?」と喜んであげてください。

 

そうすると、余裕のある時はもっと喜ばしたいとパパは頑張ります。

 

意外に思うかもしれませんが、これがパパに愛される上手な条件の切り出し方の極意です。

 

金額はパパに決めてもらうのが愛されながら良い条件を得る極意です。